Rubyで文字列・配列の要素数を調べる方法【lengthメソッドを使おう】

Rubyで文字列の長さ(文字数)を調べたい。

配列の要素数を調べたい。

Rubyで文字列の長さ・配列の要素数を調べるにはlengthメソッドが便利です。

本記事ではlengthメソッドの用途・使い方について解説します。

lengthメソッドの用途

lengthメソッドとはRubyで文字列の長さ(文字数)・配列の要素数を調べるために使うメソッドになります。

lengthメソッドの使い方

lengthメソッドの使い方は以下の通りです。

value = 数を調べたい文字列もしくは配列要素数.length

調べたい文字列・配列変数の後に.lengthと記述します。

以上です。

lengthメソッドの出力例

array = [1, 2, 3]
puts array.length 

#出力結果
#3

出力例です。

lengthメソッドを使い、array配列の要素数を調べてます。

putsで出力し、3となれば成功です。

まとめ

lengthメソッドを使ってRubyで文字列・配列の要素数を調べる方法を紹介しました。

以上で解説を終わります。

関連記事

Ruby

Rubyでハッシュにシンボルを使う方法を解説

2022.08.07
22
Ruby

Rubyで配列要素を昇順・降順でソートする方法【sortメソッドを使おう】

2022.08.03
31
Ruby

Rubyでハッシュ(連想配列)のキーもしくは値でソートする方法

2022.08.05
47
Ruby

【Ruby】配列要素を追加・上書き・削除する方法

2022.07.25
54