【簡単】JavaScriptを使って文字列を数値、数値を文字列に変換する方法

JavaScriptを使って、文字列を数値、数値を文字列に変換する方法を知りたい。

本記事ではこのような悩みを解決します。

文字列を数値に変換する場合

//文字列から数値
var num = '123';
Number(num);

文字列から数値に変換する場合はNumber関数を使います。

Number関数の()内に文字列を入れる事で数値に変換されます。

数値から文字列に変換する場合

//数値から文字列
var num = 123;
String(num);

次に数値から文字列に変換する場合はString関数を使います。

String関数の()内に数値を入れる事で文字列に変換されます。

以上で変換が完了です。

まとめ

JavaScriptを使ってあるデータを取得し計算式に代入するとき、取得側が文字列だったりする場合があります。文字列をそのまま計算式に代入してもエラーになるので数値に変換します。

そんな時にNumber関数を使ったりします。

以上で解説を終わります。

Ads

関連記事

JavaScript プログラミング

jQueryで画像読み込み完了後にイベントを実行する方法

2022.04.26
108
プログラミング

Webテキストの日本語に含まれる役物を半角にする方法

2020.06.03
127
JavaScript プログラミング

【簡単】jQueryを使って、Instagramをサイトに埋め込む方法

2022.01.22
175
プログラミング

【メイクショップ クリエイターモード】コーディング作業で気づいた事

更新日:2020.06.12
285