Written by Kasumi

JavaScriptでn番目の子要素を取得する方法

JavaScriptを使って、同じ子要素のタグ・クラスのn番目を取得したい。

本記事ではこのような悩みを解決。

実装例を元に解説します。

実装サンプル

See the Pen
JavaScriptでn番目の子要素を取得する方法
by Kohei (@kouk05)
on CodePen.0

実装サンプルです。

ulタグ内の3番目にあるli要素をJavaScriptで取得。

テキストを動的に変更(リスト03→3番目を変更)してます。

実装手順は以下の通りです。

n番目の子要素を取得するJavaScriptコード

(function() {
  //全ての同じ子要素を取得
  var list = document.querySelectorAll('ul li');
  list[2].textContent = '3番目を変更';
}());

n番目の子要素を取得するJavaScriptコード例です。

querySelectorAllを使う事で引数に指定した全ての子要素を取得する事が出来ます。

上記関数の後に角括弧 ([])を連結。

角括弧内に取得したいn番目の数値を指定すればOKです。

以上で実装完了です。

まとめ

JavaScriptでn番目の子要素を取得する方法について紹介しました。

以上で解説を終わります。

目次

関連記事

JavaScript

JavaScriptで文字列の指定位置にHTMLタグを入れる方法

2022.12.15
1674
JavaScript

JavaScriptでオブジェクトのプロパティに変数を追加する方法

2022.12.22
1736
JavaScript

【JavaScript】inputの文字数制限を超えたら任意の処理を実行する方法

2023.03.29
3100
JavaScript

JavaScriptを使い、目次をプラグイン無しで自動生成する方法

2022.10.31
1534