Written by Kasumi

スマホ依存から抜け出す方法【結論:アプリが原因】

こんにちは!カスミです。

さて、いきなりですが、あなたはスマホ依存症ですか?

  • スマホを触る時間が1日4時間以上
  • スマホゲームのアプリに熱中してしまう
  • SNSを常にチェック。気になってしょうがない。

上記に当てはまっていれば、立派なスマホ依存症です。

私もその1人。と言うかこの時代、ほとんどの人が依存に当てはまるのではないのでしょうか?

そんなスマホ依存を改善したい方は、アプリへの考え方を見直すと良いかもしれません。

本記事では、アプリの考え方を変えて、スマホ依存から抜け出す方法について解説します。

最近使ってないアプリを削除する。

アプリ削除

最近使ってないアプリは、削除しましょう。

最近使ってないと言うことは、もう必要ないということです。

不必要なアプリが入ってると、特にする事はないが、暇な時開いてしまい、ただ無駄な時間を消費してしまいます。

使用してないものは、全部削除しちゃいましょう。

スマホの設定から、アプリの使用頻度を確認できます。

iPhoneの場合は、設定→スクリーンタイム→アクティビティを確認する、で見れます。

アプリの通知は、全部OFFにする。

通知画面

アプリから来る通知は、全部OFFにしましょう。

理由としては、通知が来る度にスマホを開いてしまうからです。

例えばLINEなどが良い例ですが、お店からのクーポンやメルマガ情報が通知できますよね?

これらってほとんど、今必要な情報では無いんですよね。。

通知が来る度に反応してスマホを開いてしまう。

1つの通知に対して、視聴時間は数十秒かもしれませんが、積み重なれば、かなりの時間になります。

必要最低限の連絡手段を取るアプリ以外、通知をOFFにしましょう。

iPhoneの場合、通知をOFFにするには設定→通知→通知スタイルから可能です。

SNSアプリは削除してブラウザで見る。

ソーシャルメディア

SNSのアプリは削除して、ブラウザ(Safari、Chrome等)で見るようにしましょう。

ブラウザで見るようになると、アプリより手間が掛かるので開くのが面倒。

つまり、必要最低限の時しかあまり開かなくなります。

逆に手間がかかる分、スマホを触る時間が増えるじゃんと思うかもしれませんが、それが意外と増えないです。

やはり人間。面倒くさいが勝つので。

物は試しにやってみましょう。削除して後悔しても、アプリはすぐインストールできます。

アプリをホーム画面以外移動する。

アプリホーム画面

ホーム画面からアプリを無くして、スッキリさせましょう。

ホーム画面はスマホを開いて最初に出てくる画面です。

なぜかと言うと、アプリの未読通知が何件あるか出てしまう為、スマホを開く度に気が散ってしまいます。

これが気になってしまうと、例え通知をOFFにしても意味がありません。

必要なアプリはホーム画面に置くのではなく、一つ二つ先の隣りの画面に移動しましょう。

スマホを開いて最初に目に入らないのが重要です。

ゲームアプリは一番目の届かない範囲移動し、使用時間を決める

スマホゲーム

ゲームアプリは、ハマってしまったら1日中できますからねー。。

削除すればいいのですが、そんなこと出来ないって方が大半かと。。

とりあえずホーム画面以外に移動し、使用時間を決めましょう。最初は1時間以内に終わらせるのがベストです。

ホーム画面に例外として置いていいアプリ

マップ

ホーム画面に例外として置いていいアプリは、日常生活における役立つアプリです。

例えば、googlemapがいい例ですね。交通機関で移動する時や、場所を探すときに使えますよね?

逆に言うとこれ以外使う事がほぼ無いです。

本当に必要な時以外使わないアプリは、依存生がないのでホーム画面に置いて、使いやすくしときましょう。

まとめ

あとはこれらを実践に移すのみ!

スマホの1日の視聴時間が4時間を切れば、脱スマホ依存の第一歩です!

脱スマホ依存で余った時間を、趣味の時間に回しましょう!!

以上で解説を終わります。

目次

関連記事

学び

おすすめ!1日のハイライトを決めて、労働時間を短縮しよう。

更新日:2020.08.04
121