親子階層の設定をしているworpdressカテゴリーページでページ内容が重複してしまうのを対処する方法。【canonicalを設定しよう】

wordpressのカテゴリーページで親子階層を設定しているページがある。

親子階層ページ・親ページ・子ページが生成されてしまい、ページ内容が重複してしまう。

親子階層ページが正しいページだとgoogleに認識させたい。

このような悩みを解決します。

functions.phpでcanonicalタグを設定

//-----------------------------------------------------
// 【カテゴリーページの親子階層をcanonicalで正規化】
//-----------------------------------------------------
add_action( 'wp_head', 'add_canonical_to_category_pages' );
function add_canonical_to_category_pages() {
  if(is_category()) {
    echo '<link rel="canonical" href="'. get_category_link( get_query_var('cat') ) .'"/>';
  }
}

親子階層ページ・親ページ・子ページが生成されてしまうのは、wordpressのデフォルト仕様になります。

上記コードをfunctions.phpに記述します。

記述する事で、親子階層ページのURLをcanonicalタグで各カテゴリーページに設置し、URLの正規化を行う事ができます。

これにより、googleの検索エンジンに親子階層ページが正しいURLだと認識させます。

以上で完了です。

まとめ

本記事のcanonicalの設置に加えリダイレクトも行うと良いですが、1件ずつリダイレクト処理をしなければいけません。

地域検索ページなどカテゴリー数が多いとやっかいですし、カテゴリーを増やしたらその度にリダイレクトしなければいけません。

なのでとりあえずcanonicalで様子を見てみる事をお勧めします。

個別にリダイレクトするやり方は以下記事を参考にしてください。

以上で解説を終わります。

Ads

関連記事

WordPress プログラミング

ワードプレスのエディタで自動整形機能を無効・停止する方法

2020.05.20
78
WordPress

【WordPress】404の場合、トップページへリダイレクトする方法

2022.06.27
40
PHP プログラミング

【php】文字列を比較し、部分一致で条件分岐する方法

2021.12.24
178
WordPress

All-in-One WP Migrationプラグインを使ってワードプレスの引越しを簡単に!

更新日:2019.11.28
93