Written by Kasumi

WordPressで使われてるエディタ(ブロックorクラシック)によってif文で条件分岐する方法

WordPressで古い記事はクラシックエディタになっており、最新記事はブロックエディタを使用している。

使われてるエディタによってif文で条件分岐、ソースを変更したい。

本記事ではこのような悩みを解決します。

使用されてるエディタによって条件分岐する

<?php
if (has_blocks()) {
    // ブロックエディタのみ適用
} else {
  // クラシックエディタのみ適用
}
?>

使用されてるエディタによって条件分岐するPHPコード例です。

has_blocks関数を使います。

上記WordPress関数をif文で定義する事で、エディタによって条件分岐することができます。

single.phpのループ内で記述しましょう。

以上で実装完了です。

まとめ

WordPressで使われてるエディタ(ブロックorクラシック)によってif文で条件分岐する方法について紹介しました。

以上で解説を終わります。

目次

関連記事

WordPress プログラミング

Advanced Custom Fields でオプションページに投稿タイプを作成する方法

2022.04.24
768
WordPress プログラミング

Breadcrumb NavXTをカスタマイズ。パンくずにメインサイトを追加する方法。

2022.01.04
756
WordPress プログラミング

【簡単】投稿用カテゴリーの初期設定(未分類)を変更する方法

2022.03.31
162
WordPress プログラミング

カスタム投稿タイプで月別・年別アーカイブページが表示されない場合の対処方法

2022.01.13
2497