【簡単】videoタグの再生速度を調整(早く・遅く)する方法

videoタグでサイトに動画を埋め込んでる。

埋め込んだ動画の再生速度を調整したい。

動画を編集せず、調整したい。

本記事では簡単なJavascriptを書いてこのような悩みを解決します。

videoタグの再生速度を調整するコード

  video = document.getElementById('video');
  video.playbackRate = 0.7; //速度調整

上記JSコードをscript内に記述しましょう。

getElementByIdにはvideoタグのIDを指定します。

playbackRateの値に速度値を指定します。

1が基準です。

1より上は再生速度を早くする、1より下は再生速度を遅くします。

以上で解決です。

まとめ

動画を編集せず、簡単なJSコードだけで解決できます。

本記事を参考に実装してみてください。

以上で解説を終わります。

Ads

関連記事

WordPress プログラミング

Yoast SEOのschema(スキーマ)設定を無効化する方法

2022.04.03
71
JavaScript プログラミング

CSSの「object-fit」をIEブラウザでも適用させる方法【簡単】

2021.01.08
85
JavaScript

PACE.jsを使って簡単ローディング画面の作り方

更新日:2019.11.28
294
WordPress プログラミング

親子階層の設定をしているworpdressカテゴリーページでページ内容が重複してしまうのを対処する方法。【canonicalを設定しよう】

2022.01.31
58