Written by Kasumi

パソコンでスクリーンショットの範囲指定・URL共有するならLightShotを使おう

こんにちは!カスミです。

さて、以下のような悩みをお持ちでしょうか?

パソコンで、webページ等をスクリーンショットしたいが、
全画面ではなく、範囲を指定して、保存したい。

スクリーンショットしたものに簡易的な枠線・文字を入れたい。

スクリーンショットしたものを、URLなどで他の人に共有したい。

そんな時は無料のLightShotアプリが便利!

このような疑問を解決できます。

本記事ではLightShotアプリの使い方について解説致します。

※macも対応しておりますが、本記事ではwindowsの手順を紹介します。

LightShotをインストール

https://app.prntscr.com/en/index.html

まずは、LightShotをダウンロードしましょう

以下、公式サイト様より、パソコンの環境(windowsかmac)に合わせて、ダウンロードし、セットアップまで進めてください。

https://app.prntscr.com/en/index.html

セットアップ手順

インストールの許可を行ったら、上記画面がでます。言語を選択してOKをクリック。

使用許諾契約書の内容を読み、同意するにチェックで次へ

完了をクリックでセットアップが完了しました。

LightShotを早速使って見よう

https://app.prntscr.com/en/index.html

LightShotを早速使って見ましょう。

スクリーンショットを取りたいページで、キーボード上の、Prt Scと書かれてあるキーを押しましょう。

すると少し、画面が暗くなります。

画面が暗くなったら、マウスを使い、スクリーンショットしたい部分を左クリック長押しで範囲選択。

範囲が指定出来たら左クリックを離します。

上記タイトル下の画像のようになれば、成功です。

アイコンをクリックして、適時変更・保存しよう。

範囲指定するとアイコンがでてきます。

テキスト・枠線・URL共有・画像保存するには以下のマークのアイコンを選択します。

テキストを入れれる

枠線指定できる

Lightshotのサーバーにアップされ、URLをコピーし、共有可能

パソコンに画像ファイルとして保存

使う場面に合わせて、スクリーンショットを変更・保存してみましょう。

以上で説明を終わります。

まとめ

LightShotを使って見ていかがでしょうか?

操作がとてもシンプルで使いやすいかと思います!

以上で解説を終わります。

目次

関連記事

Webツール

Facebookのタイムラインをサイトに埋め込む方法

2022.11.06
165
Webツール

boxのメール通知をオフにする方法

2022.07.24
727
Webツール

テスト用に任意の画像サイズURLを取得できるwebツール

更新日:2022.05.23
840
Webツール

Googleアナリティクスのタグが正常に設置されてるか確認する方法【Chrome拡張機能で解決】

2022.05.11
517