Rubyでハッシュ(連想配列)からキーと値を取り出す方法

Rubyでハッシュ(連想配列)からキーと値を取り出す方法を知りたい。

本記事ではRubyのeach・each_value・each_keyメソッドで繰り返し処理を行い、キー・値を取り出す方法について解説します。

ハッシュから値を取り出す

array = {"リンゴ" => 100, "メロン"=> 200, "ブドウ" => 300}
array.each_value do |i|
  puts i
end
#出力結果
#100
#200
#300

ハッシュから値を取り出すコード例です。

値を取り出すにはeach_valueメソッドを使います。

使い方は以下の通りです。

ハッシュ.each_value do |変数|
#出力処理
end

ハッシュからキーを取り出す

array = {"リンゴ" => 100, "メロン"=> 200, "ブドウ" => 300}
array.each_key do |i|
  puts i
end
#出力結果
#リンゴ
#メロン
#ブドウ

ハッシュからキーを取り出すコード例です。

キーを取り出すには、each_keyメソッドを使います。

使い方は以下の通りです。

ハッシュ.each_key do |変数|
#出力処理
end

ハッシュからキーと値を同時に取り出す

array = {"リンゴ" => 100, "メロン"=> 200, "ブドウ" => 300}
array.each do |key, val|
    puts "#{key}は#{val}円です。"
end
#出力結果
#リンゴは100円です。
#メロンは200円です。
#ブドウは300円です。

ハッシュからキーと値を同時に取り出すコード例です。

同時に取り出したい場合はeachメソッドで対応します。

使い方は以下の通りです。

ハッシュ.each do |キー変数, 値変数|
#出力処理
end

まとめ

Rubyでハッシュ(連想配列)からキーと値を取り出す方法について紹介しました。

以上で解説を終わります。

関連記事

Ruby

Rubyで文字列を分割。配列に変換する方法

2022.07.30
45
Ruby

Rubyでハッシュにシンボルを使う方法を解説

2022.08.07
22
Ruby

Rubyで処理結果の出力によく使うメソッド一覧を紹介

2022.08.08
29
Ruby

Rubyでif文を使い条件分岐する方法【一行に省略する方法も紹介】

2022.08.09
15