Written by Kasumi

【簡単】JavaScriptを使ってhtmlタグを取得し、値を出力・書き換える方法

JavaScriptを使って任意のhtmlタグを取得し、値を出力したい。

もしくは値を上書き(書き換え)したい。

本記事ではJavaScriptのtextContentプロパティを使ってこのような悩みを解決します。

htmlタグを取得し出力・書き換えるコード

  // htmlを取得
  var txt = document.getElementById("txt");
  // 値を出力・書き換える
  txt.textContent = "出力・書き換える文字列";

htmlタグを取得し出力・書き換えるコードです。

取得にはdocument.getElementByIdメソッドを使いましょう。

取得したいhtmlタグに任意のIDを付与してgetElementByIdメソッドの引数にそのID名を入れるだけでOKです。

取得したhtmlタグの値を出力・書き換えるにはtextContentプロパティを使います。

以下のように取得したhtmlタグの変数とtextContentプロパティをドットで繋げ、値に出力したい文字列を入力すればOKです。

  取得したhtmlタグの変数.textContent = "出力・書き換える文字列";

書き換えたい場合も同様の方法で行えば上書きできます。

以上の手順で実装できます。

まとめ

JavaScriptで任意のイベントを実行した時にhtmlタグ内の値を書き換える事例があるかと思います。

その際、textContentプロパティを使えば簡単に出力・上書き可能です。

ぜひ参考にしてみてください。

以上で解説を終わります。

目次

関連記事

JavaScript

【JavaScript】コンストラクター関数を使ってオブジェクトの雛形を作成・インスタンス化する方法

2022.12.12
694
JavaScript

JavaScriptで異なる配列を同じ関数に渡して処理を使い回す方法【applyメソッドが便利】

2022.12.11
1739
JavaScript

【JavaScript】親要素から子要素を取得する方法

2023.01.30
5635
JavaScript

JavaScriptで参照先オブジェクトからthisが渡らない時の対処方法

2022.12.10
1301