Written by Kasumi

JavaScriptで指定した条件に当てはまる配列要素があるか存在をチェック。true/falseで判定する方法

JavaScriptで配列要素に指定した要素があるか存在をチェック。

存在してるかどうかでtrue/falseを判定したい。

本記事ではこのような悩みを解決。

実装例を元に解説します。

存在をチェックする配列

const arry = [
  {
    name: "佐藤",
    age: 30,
  },
  {
    name: "鈴木",
    age: 20,
  },
  {
    name: "加藤",
    age: 40,
  },
  {
    name: "高橋",
    age: 50,
  },
];

本記事で扱う配列の例です。

上記配列で要素の存在有無をチェックします。

someメソッドで存在をチェック

const judg = arry.some(val => {
//チェックする条件
  return val.age <= 20
})
console.log(judg)

// true

someメソッドを使ったコード例です。

someメソッドは指定した条件に配列要素が一つでも一致していたらtrueを返します。

配列のageプロパティに20以上の値があるか比較演算子(<>)を使い存在チェック。

20以上が存在してるのでコンソールにtrueを返してます。

everyメソッドで存在をチェック

const judg = arry.every(val => {
  // チェックする条件
  return val.age >= 30
})
console.log(judg)

// false

everyメソッドを使ったコード例です。

everyメソッドは指定した条件に配列要素がすべて一致していたらtrueを返します。

配列のageプロパティの値が全て30以上か比較演算子(<>)を使い確認。

30以下の値も含まれてる事からコンソールにfalseを返してます。

まとめ

JavaScriptで指定した条件に当てはまる配列要素があるか存在をチェック。true/falseを判定する方法について紹介しました。

以上で解説を終わります。

目次

関連記事

JavaScript

JavaScriptを使い、デバイス幅によって条件分岐する方法【jQuery不要】

2022.10.20
3736
JavaScript

JavaScriptでCSVファイルを読み込み!配列で取得する方法

2022.11.18
30877
JavaScript

【JavaScript】selectボックスで選択したoptionによってクラスを追加・削除する方法

2022.10.14
5460
JavaScript

【JavaScript】比較演算子==と===の違いについて

2022.11.30
1029