Written by Kasumi

JavaScriptでオブジェクトのプロパティに変数を追加する方法

JavaScriptでオブジェクトのプロパティに変数を追加したい。

本記事ではこのような悩みを解決。

実装例を元に解説します。

オブジェクトのプロパティに変数を追加するコード例

// 変数 S
const s = "prop4";

obj = {
  prop1: 1,
  prop2: 2,
  prop3: 3,
  [s]: 4 //変数sを追加
}

console.log(obj);
//コンソール出力結果
//{prop1: 1, prop2: 2, prop3: 3, prop4: 4}

オブジェクトのプロパティに変数を追加するコード例です。

objオブジェクトにs変数を追加してます。

プロパティに変数を追加したい場合は鉤括弧[]を使います。

追加したい箇所に[変数名]を代入するだけでOKです。

まとめ

JavaScriptでオブジェクトのプロパティに変数を追加する方法について紹介しました。

以上で解説を終わります。

目次

関連記事

JavaScript

【簡単】JavaScriptを使って任意の文字列が配列内にあるか検索する方法【indexOfメソッド】

更新日:2022.09.09
149
JavaScript

JavaScriptで異なる配列を同じ関数に渡して処理を使い回す方法【applyメソッドが便利】

2022.12.11
336
JavaScript

【JavaScript】初回アクセスのみ任意の処理を実行する方法

2022.12.18
436
JavaScript

【JavaScript】HTML要素に指定したクラスが付与されているか存在をチェックする方法

2023.01.25
86