Written by Kasumi

JavaScriptで配列を結合する二つの方法【簡単】

JavaScriptで配列を結合して一つの配列にしたい。

本記事ではこのような悩みを解決。

実装方法について解説します。

concatメソッドを使って配列を結合

//配列
const arry = [1, 2, 3];
const arry2 = [4, 5, 6];

//結合
const arry3 = arry.concat(arry2);

console.log(arry3);
// コンソール
//(6) [1, 2, 3, 4, 5, 6]

concatメソッドを使って配列を結合するコード例です。

concatメソッドの使い方は以下の通りです。

配列.concat(結合したい配列);

配列にconcatメソッドを連結。

concatメソッドの引数に結合したい配列を代入します。

指定した配列の後ろに結合したい配列が連結されます。

スプレット演算子(…)を使って配列を結合

//配列
const arry = [1, 2, 3];
const arry2 = [4, 5, 6];

//結合
const arry3 = [0,...arry,...arry2]
;

console.log(arry3);
// コンソール
// (7) [0, 1, 2, 3, 4, 5, 6]

スプレット演算子(…)を使って配列を結合するコード例です。

結合用の配列を定義。

上記配列内でスプレット演算子(…)を使って結合したい配列を代入します。

concatメソッドと違い、結合場所が前後選べる等の利点があります。

まとめ

JavaScriptで配列を結合する二つの方法について紹介しました。

以上で解説を終わります。

目次

関連記事

JavaScript

JavaScriptで上下のスクロールを判定する方法

2022.10.15
3603
JavaScript

【JavaScript】selectボックスで選択したoptionによってクラスを追加・削除する方法

2022.10.14
5290
JavaScript

JavaScriptでJSONデータを読み込み・HTMLへ出力する方法

2022.10.16
23266
JavaScript

JavaScriptでHTML要素(DOM)を動的に移動する方法

2022.10.13
8158