【無料】画像の圧縮を一括で行えるTinyPNGの使い方【mac、windows共通】

使ってるJPEGやPNG画像の容量が重いので、一括で圧縮したい!

簡単に圧縮する方法とかないの?

上記のような疑問に回答します。

Web制作を例にすると、画像の容量はページを開くスピードに大きく関わっており、圧縮は必須ですよね??

本記事では、TinyPNGという無料で使えるWebサービスを用い、mac・windows共通で画像を一括に圧縮する方法について紹介します。

ブラウザでTinyPNGへアクセス。

https://tinypng.com/

今回紹介する画像圧縮は、Webサービスなので使うのはブラウザだけです。

mac・windows共通で、まずブラウザを立ち上げます。(chromeが無難)

ブラウザを立ち上げたら、googleなどの検索フォームから下記サイトにアクセスします。

https://tinypng.com/

アクセスし、上記画像のような、パンダのイメージがでてきたらOKです。

圧縮したい画像を、ドラッグ&ドロップする

https://tinypng.com/

圧縮したい画像を上記画像の赤枠部分にまとめて、ドラッグ&ドロップしましょう。

ドラッグ&ドロップとはファイル(今回は画像)の上でマウスの左ボタンを押したまま、任意の位置まで持っていき、離す事です。

今回の任意の位置は上記画像の赤枠部分です。

ちなみにフォルダ内の画像をまとめて選択する方法は、以下ショートカットキーを押すと、フォルダ内のファイルを全選択できます。

フォルダ内を選択し、

Macの場合
command + A

windowsの場合
Ctrl + A

の同時押しです。

上記を押した後、同じくドラッグ&ドロップすればOKです。

圧縮された画像を一括でダウンロードする

https://tinypng.com/

後は圧縮画像をまとめてダウンロードするだけです。

圧縮する画像の項目が、全部Finishedとなったら、緑のDownload allと書いてあるボタンを押すだけ!

以上が、圧縮した画像を一括してダウンロードするまでの流れです。

無料だけど条件がある。

とても画像圧縮が簡単で、無料で使えるTinyPNGですが、条件があります。

それは、


アップする画像のサイズが最大5MB
一括でアップできる画像ファイルの数が20枚まで

が条件になっています。

上記を越えるとエラーになるので注意してください。

サイズはどうしようもないですが、画像ファイルの数に関しては、小分けにするなどして対処しましょう。

もしくは有料版のPROバーションのライセンスを購入すると、上限が変わるので、使い勝手がよかったらそちらを検討するのも良いかと思います!

まとめ

画像圧縮に使うのはブラウザだけ!!

というのが良いですよね!

とても便利なツールだと思いますのでぜひ活用してみてください。

以上で解説を終わります。

Ads

関連記事

Webツール

【無料】最大30ファイル一括でJPG・PNGを圧縮してくれるwebツール「あっしゅくま」を紹介

2022.01.14
33
Webツール

テスト用に任意の画像サイズURLを取得できるwebツール

更新日:2022.05.23
144
Webツール

パソコンでスクリーンショットの範囲指定・URL共有するならLightShotを使おう

2020.07.21
43
Webツール プログラミング

chromeブラウザで更新したファイルのキャッシュ有効期間を調べる方法【htmlサイト】

2022.01.20
39