Written by Kasumi

【BreadcrumbNavXT】パンくずをJSONLD形式構造化で表示する方法

Breadcrumb NavXTプラグインを使って、パンクずに構造化データを組み込みたい。

本記事ではBreadcrumb NavXTプラグインを使って、パンクずにJSON-LD形式の構造化データを組み込む方法について解説いたします。

※前提としてBreadcrumb NavXTプラグインをインストール・有効化してください。

JSON-LD形式の構造化データで表示するコード

  <div class="breadcrumbs" typeof="BreadcrumbList" vocab="https://schema.org/">
    <?php if (function_exists('bcn_display')) {
      bcn_display();
    } ?>
  </div>

上記コードをパンクずを表示したところに埋め込むだけでOKです。

JSON-LD形式でパンクずをサイトに表示してくれます。

JSON-LD形式の構造化データになっているかはページのソースを表示して確認してみましょう。

以上で設置完了です。

まとめ

パンクずに構造化データをマークアップすることにより、googleの検索エンジンがサイトを正しくクロールしてくれます。

Breadcrumb NavXT パンクズプラグインを使っている方はぜひ導入してみましょう。

以上で解説を終わります。

目次

関連記事

WordPress プログラミング

Yoast SEOのschema(スキーマ)設定を無効化する方法

2022.04.03
672
WordPress プログラミング

WordPressで固定ページの名称を変更する方法

更新日:2022.04.23
763
WordPress

【簡単】contact form 7で確認用メールアドレス欄を設置する方法【wordpress】

更新日:2022.11.24
209
プログラミング

is not a function at chrome-extensionの原因と対処方法

2022.10.05
117