【All in One SEO】 一部のページでは出力しないようにする方法

WordPressサイトでAll in One SEOプラグインを使っている。

指定したページではAll in One SEOプラグインで出力されるメタデータ・スキーマなどを除外したい。

本記事ではこのような悩みを解決。

実装方法について解説します。

function.phpにコードを追記

add_filter( 'aioseo_disable', 'aioseo_disable_term_output' );
function aioseo_disable_term_output( $disabled ) {
    // 除外したいページのWP条件分岐タグを指定
   if ( is_page() || is_category() || is_tax() ) {
      return true;
   }
   return false;
}

一部のページでAll in One SEO を除外したい場合、aioseo_disableフィルターを使用します。

上記コードをfunction.phpにコピペ。

コメントアウトで記述されてる下のif文内を除外したいページのWP条件分岐タグに差し替えます。

以上で実装完了です。

All in One SEOプラグインで自動生成されるメタデータ・スキーマが指定したページだけ削除されてるか確認しましょう。

まとめ

一部のページだけmetaタグに独自の指定をしたい場合、本記事で紹介したフィルターが役立つかもしれません。

以上で解説を終わります。

Ads

関連記事

WordPress

Jetpackの関連記事数を変更する方法【WordPress】

2022.05.23
64
WordPress プログラミング

【簡単】is_pageで固定ページを複数指定し、条件分岐する方法【配列arrayを使おう】

2022.03.18
135
WordPress プログラミング

親子階層の設定をしているworpdressカテゴリーページでページ内容が重複してしまうのを対処する方法。【canonicalを設定しよう】

2022.01.31
56
WordPress プログラミング

コンタクトフォーム7でフォーム送信後、完了ページへ遷移させる方法

2019.12.02
92