Visual Studio Code(VSコード)でスニペットを登録するやり方【効率アップ】

Visual Studio Code(VSコード)でスニペットを登録するやり方について知りたい!

このような疑問に答えます!

Visual Studio Code(以下VSコード)はマイクロソフトによって開発されたコードエディタです。
本記事では VSコードでスニペットを登録する方法について解説します。

VSコードを立ち上げてユーザースニペットを選択しよう

まずはVSコードを立ち上げよう。
立ち上げたら、
ファイル > 基本設定 > ユーザースニペットをクリック!
クリックしたら上記画像のようなコマンドパレットがでるので、何のスニペットを登録したいのかを入力しましょう!
今回は例として、cssのスニペットを作成します。
cssと入力したら、候補が下にでるので、それをクリックします。

jsonファイルにスニペットを登録

クリックしたら上記のようなjsonファイルが立ち上がります。
EXampleの内容を丸ごと下にコピーしてください。(※最終行の中かっこより前)

次にコピペしたEXampleのコメントアウトを外します。
このEXampleを元にオリジナルのスニペットを一つ登録しましょう。
今回は例として、positionをスニペットにして登録します。

Print to console内の意味としては以下になります。
 “prefix”:トリガーとなる部分。今回の例だとcsspositionと打てばスニペットが候補にでてくる。
 ”body”:スニペットの中身。
“description”:スニペットの名前

実際に追加したコード例

動作を確認してみよう

実際に動作を確認してみましょう!
cssファイル内にトリガーを入力したら候補としてでました。
ぜひ自分オリジナルのスニペットを登録してみてください!
 以上で解説を終わります。

Ads

関連記事

Illustrator プログラミング

【簡単】イラストレーターで、単位を変更する方法

2021.01.10
28
WordPress プログラミング

【簡単】contact form 7でお問い合わせ内容をkintoneに反映・連携させる方法【wordpress】

2022.03.09
150
HTMLCSS プログラミング

CSSで上付き・下付き注釈をつける書き方【コードペンデモ有り】

更新日:2020.04.21
147
JavaScript プログラミング

bxsliderでスライダー内画像のaタグリンクが効かない時の対処方法【結論slickを使おう】

2022.01.28
120