Written by Kasumi

Visual Studio Code(VSコード)でスニペットを登録するやり方【効率アップ】

Visual Studio Code(VSコード)でスニペットを登録するやり方について知りたい!

このような疑問に答えます!

Visual Studio Code(以下VSコード)はマイクロソフトによって開発されたコードエディタです。
本記事では VSコードでスニペットを登録する方法について解説します。

VSコードを立ち上げてユーザースニペットを選択しよう

まずはVSコードを立ち上げよう。
立ち上げたら、
ファイル > 基本設定 > ユーザースニペットをクリック!
クリックしたら上記画像のようなコマンドパレットがでるので、何のスニペットを登録したいのかを入力しましょう!
今回は例として、cssのスニペットを作成します。
cssと入力したら、候補が下にでるので、それをクリックします。

jsonファイルにスニペットを登録

クリックしたら上記のようなjsonファイルが立ち上がります。
EXampleの内容を丸ごと下にコピーしてください。(※最終行の中かっこより前)

次にコピペしたEXampleのコメントアウトを外します。
このEXampleを元にオリジナルのスニペットを一つ登録しましょう。
今回は例として、positionをスニペットにして登録します。

Print to console内の意味としては以下になります。
 “prefix”:トリガーとなる部分。今回の例だとcsspositionと打てばスニペットが候補にでてくる。
 ”body”:スニペットの中身。
“description”:スニペットの名前

実際に追加したコード例

動作を確認してみよう

実際に動作を確認してみましょう!
cssファイル内にトリガーを入力したら候補としてでました。
ぜひ自分オリジナルのスニペットを登録してみてください!
 以上で解説を終わります。

目次

関連記事

WordPress プログラミング

【簡単】カスタム投稿のタクソノミーページでパーマリンクからタクソノミー名を削除し、ターム名のみにする方法

2022.01.30
6225
プログラミング

多種・多様なスクロールアニメーションを実装するならAnimate.css!使い方を解説

2022.04.27
3195
HTMLCSS プログラミング

【簡単CSS】横幅100%コンテンツを幅指定された中央寄せコンテンツの起点に合わせて左揃えにする方法

2022.04.08
1567
プログラミング

【Brackets】爆速コーディングにおすすめの拡張機能を紹介

2020.07.20
3164